すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマンサイトトップページへ移動

墨田区議会議員大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマンサイトのサイトマップページへ移動

墨田区議会議員大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマンサイトのメールフォームへ移動・

プロフィール|墨田区議会議員大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマンオフィシャルサイト。墨田区政の裏を暴き行政改革を推進する墨田区オンブズマンサイト

トップページ > プロフィール
大瀬康介 大瀬康介

昭和33年 東京生まれ

座右の銘 : 初志貫徹

家族 : 妻、長女

趣味 : 旅行

好きな食べ物 : 和菓子

墨田オンブズマン大瀬康介の学歴 日出学園高等学校 卒業
拓殖大学 商学部 貿易学科 卒業
墨田オンブズマン大瀬康介の職歴 大学卒業後 鉄鋼、機械専門商社勤務。
機械メーカー勤務、同子会社社長に就任。
外国為替ディーラー、大手総合商社勤務を経て大瀬康介事務所を設立(映像製作他)。
のち大瀬プロダクション代表。
現在 墨田区議会議員。
・観光対策特別委員
・国民健康保険運営協議会委員
・福祉保健委員
・墨田区肢体障がい者福祉協会理事
・日本の領土を守るため行動する地方議員連盟加盟
・墨田区日本舞踊協会理事
・公益社団法人隊友会墨田支部顧問
・朝日新聞を糺す地方議員の会墨田オンブズマン大瀬康介の国家資格 宅地建物取引主任者 墨田オンブズマン大瀬康介の特技 英会話、日本舞踊(墨田区日本舞踊協会理事) 墨田オンブズマン大瀬康介のその他 事故により脊髄損傷、現在障害者3級

現在の墨田区の行政は不都合な点を隠蔽する体質があります。
年金着服、薬害、談合、天下り先に対する手厚い保護など放置していては、私達の公的負担は増大するばかりです。
行政を厳しく監視する事で悪いことをしない、させない体質作りが必要です。
墨田オンブズマン大瀬康介はオンブズマン活動15年の経験と実績を活かし税金の無駄使いを徹底的に監視しています。
特に墨田区の政務調査費問題では徹底追求し、全国初の外部監査を成功させ1千30万円を返還させました。 選挙カーの燃料代の不正請求問題では、テレビ局が特集番組としてこの問題を取上げ全国的に広がり不正請求額以上に取り戻せました。
その後の住民訴訟でレンタカー代まで誤魔化されていた事を明らかにしました。
結果的に公職選挙法の改正へと大きな実績を残しています。
有権者の政治離れの危険性。
選挙に行っても何も変らない、そう思わせるのが現在の政治の本質です。
皆さんが選挙に行かない、これが政治を取り巻く利益団体にとって非常に都合がいいのです。
現在の墨田区の投票率は50%を切っております。
約18万の有権者のうち半分以上が選挙に行っていません。
これでは本当の民主主義では無くなり、権力者や利権を持つ人に都合のいい政治が出来てしまいます。

権力者は、選挙に行って政治を変えようとする士気を打ち砕く方法を知っています。
自分達の都合よく動かせる能力の無い政治家を議会に送り込み、自分達の都合の良い議案や法案を通してしまいます。
その結果、無駄な公共施設が作られ、有権者の誰もが望まない増税や社会負担の増大が行われ、権力者や利権を持つ人に都合のいい法律が作られてしまうのです。
墨田区政を2大政党に任せられますか?
議会は多数決だから議席の多い政党や会派でなければ無理だと思わせるトリックに引っかかっていませんか?
投票率50%以下を考えて下さい。
議会は有権者の半分以下の人達によって選ばれた人間で構成されています。
この人達が本当に行政改革をしているのでしょうか、実績をご覧下さい。
平成21年の衆議院選挙で自民党から民主党に政権交代しましたが、ガソリン税廃止も嘘、天下り禁止も嘘、高速道路無料化も嘘、結果的に44兆円の赤字国債発行で、将来の国民の負担は逆に増えています。
民主主義政治は、皆さんの声の代弁者を選ぶのが原則です。

政策協定と言う密約の存在!
大政党と言う組織は実際には皆さんの声を反映させる事が出来ない理由があります。
それは、政党が行政と政策協定という皆さんには知らされない協定があり、行政のやる事には議論はしても反対はしないという密約の様な協定があるからです。
その証拠に無駄な公共施設、例えば国際ファッションセンターや北斎館、統合新図書館など区民が求めていないどころか反対の多い計画がどんどん進められているのです。
実際に行政や政治を変えるのは個人の力です!
大瀬康介は官僚主導の行政が、墨田区はもちろん国全体がやがて末期的な財政状況になり莫大な債務が区民や国民の負担となり国力の衰退を招くと考え、官僚主導から民が主導の行政へ大政奉還させなければならないと活動しています。

個人の力は微力ですが確実に実績を上げ法律が改正されています!
墨田オンブズマン大瀬康介は、墨田区の政務調査費問題では徹底追求し、全国初の外部監査を成功させて1千30万円を返還させ、その後政務調査費は領収書添付が義務付けられました。
選挙カーの燃料代不正請求では、大瀬康介が暴いた事実がテレビでも報道され警視庁を動かし、裁判でも勝訴を勝ち取り結果的に公職選挙法を改正させてしまいました。
このことを考えても政治は人です。
世の中を変えようとする信念を持ち、行動を起こす人こそ世の中を変えるのではないでしょうか。
すみだ行革110番大瀬康介が墨田区の行政問題や不正を行う墨田区議会議員らを報道する墨田オンブズマン(すみだ行革110番)オフィシャルサイトのページ最上へ移動
Copyright(c) 2010 墨田オンブズマン(すみだ行革110番) All Right Reserved.